調査の前に確認するポイント

探偵学校へ通うことなく、「尾行なら自分でも出来るんじゃないか?」と思って、自分で調査をしてしまう人もいますが、これは失敗する確立がぐんと高くなります。
そして、探偵学校へ通った人、現在も探偵事務所に勤めており、日々の調査をしている調査員でも、調査を失敗してしまう可能性はあるのです。

よく、勘違いする人がいるのですが、探偵学校へ通い勉強すれば簡単に尾行調査が出来るようになると思っている人がいます。

これは間違いです。

そこで、ポイントになるのですが、調査を数十年行ってきた探偵と探偵学校で尾行調査を勉強し始めた人。この2つのは同じ失敗のリスクがあります。

例えば、調査対象者が警戒心の強い人間で、常に後ろを警戒している人だったら?
もしも、調査対象者に依頼者が突撃してしまい、浮気相手との修羅場になってしまったら?

これらのリスクは、調査業界で働く全ての探偵に共通して課せられるリスクです。

では、長年調査を行ってきたベテランと新人の調査員では、どういった部分で違いが出るのか?といえば、経験もリスクを軽減するポイントにはなりますが、経験が全てではなく、「何に注意して調査をするかハッキリと理解している」ことが大事になってきます。

リスクがあっても、リスクを挽回するだけの対処法を事前に用意しておく、または、タイミングを逃さない、慎重に行動が取れるなどのポイントがあって、リスクの軽減をすることが出来るのです。

メニュー

Copyright© 2014 探偵調査力の必要性とはAll Rights Reserved.