名探偵の存在

よくアニメやドラマ、小説といった物語の中で主人公として登場する名探偵ですが、この名探偵を見ていると、「自分にこんなことが出来るのか?」、「特殊な知識や経験が必要なのか?」、または「ひらめきはどこからくるの?」といった疑問を抱くでしょう。

名探偵と呼ばれる存在はあくまで、小説などに登場する人物であり、現実世界、現代社会においては特段必要性がありません。

何故なら社会構造が明確に出来上がったことで、犯罪を取り締まる警察の存在など、名探偵という一個人に頼るような構図には、無理があるからです。
そして、現代の探偵業にも、カリスマといった意味でのみ名探偵という存在はいるかもしれませんが、小説のように事件を解決する名探偵は存在しません。

ここで問題となるのは、だったら探偵自体が必要が無いのではないか?ということです。
たぶんですが、探偵という存在が無くなることはないのではないでしょうか。何故なら、人の社会というのは今も大きく成長しており、その中には人と人の関係がある限り、トラブルが発生します。

特に男女間の問題というのは複雑なもので、人間が生物である限り、この問題を切って離すことは出来ません。

そのため、名探偵は現代社会に必要とされていないが、探偵業者という存在は人間社会に必要とされているのです。

メニュー

Copyright© 2014 探偵調査力の必要性とはAll Rights Reserved.