雇用調査とは

探偵調査の中で、企業が利用することが多いのは、雇用調査と信用調査です。今回は、求人応募や転職を考えている場合に知っておきたい「雇用調査」を解説します。

雇用調査とは、企業が雇用を行う時、つまり求人・採用を行う際に主に利用する探偵の調査です。
その内容は、求人に応募してきた応募者の履歴に、嘘・偽りがないかを調べることを目的にしています。「履歴書に嘘を書くなんて、そんなのまれな話でしょう。」と思われがちですが、意外にそうではありません。
最終学歴や職歴、取得している資格や前職での役職等、応募する企業に自身をよく見せようと誇張して書いたり、長く仕事に就けずに、思いあまって履歴書にうそを書いて提出してしまう様な状況は、意外に考えているよりも多いようです。

履歴書に虚偽記載をして就職を決める。業務に影響がなくても問題になります。また技術力の強化のための求人に、虚偽記載で技術力を持たない人間を雇ってしまった場合、企業にとっては損害すら発生してしまうことになります。

実際、履歴書に嘘や誇張など、虚偽記載を行う行為は「経歴詐称」になります。企業がこれに採用後に気づいた場合は、解雇理由になることもあり、また損害が発生した場合、損害賠償請求することもあります。

雇い入れてからトラブルになるのを回避する防衛策として、履歴書の真偽を採用候補者のものは確認しておく。それが雇用調査の役割です。

メニュー

Copyright© 2014 探偵調査力の必要性とはAll Rights Reserved.